バイトで得た金額の半分ものお金を奨学金の返済に

私は過去に奨学金の名目で日本学生支援機構からお金を借りていました。

このお金は通信大学の授業料で、金額は50万円程です。

第1種と第2種を併せて借りていました。
第1種は88000円、第2種は120000円だったと記憶します。
この時は学業一本で生活していたため、プライベートで使えるお金も少なく、またバイト代も微々たるものだったので、50万円もの大金(当時の私にとっては大金です)本当に返せるのかどうか不安で仕方ありませんでした。

が、3年目の終盤、第1種は利子がつかないのは知っていましたが、第2種は在学中に返せば無利子であることを知りました。
無利子という言葉に目の色を変え、第2種だけでも在学中に返すと神に誓いました。
その結果、バイトで得た金額の半分ものお金を奨学金の返済に充て、なんとか4年目の卒業前に返すことができました。
たしか毎月4、5万円だったと思います。

今現在奨学金を返せず悩んでいる学生も多いと聞きます。
だが、しかし、計画性をもって実行すれば必ず返すことができると私は思います。
何かのCMではありませんがお金を借りるときは「ご利用は計画的に」ありたいものです。

レイク 無利息